Movable Type.net

トフでもできる!? Movabletype.netテーマ開発

もくじに戻る

ファイルマネージャにあるファイルを表示させる

ここまでで、インデックスページのMTタグを使う箇所は完成しました。最後に、ファイルマネージャにアップロードした画像を表示させましょう
インデックスページでは、ロゴ画像とバナーを表示するエリアにあたります。

まずは通常どおり<img>を使って画像を表示させます。
画像のアドレスは絶対パスで指定したいので、
http://サイトのアドレス/images/logo.png
となります。
サイトのアドレスの部分は、mtタグで指定できますね。使ってみましょう!

<img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/logo.png">

さきほど設定した
<h1 class="mt-h1">〜</h1> 内を書き換えます。

<h1 class="mt-h1">
      <img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/logo.png" alt="<$mt:BlogName$>" >
    </h1>

<$mt:BlogRelativeURL$>のタグの中にはおしりに”/”が含まれているので重複に注意!

注目しているトフ

同様に、メイン画像エリアや、バナーエリアも作っていきます。

メイン画像エリア

<section class="mainImage">
    <div class="mt-container">
      <img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/black-and-white-city-skyline-buildings.jpg" class="mainImage__img">
    </div>
  </section>

バナーエリア

<div class="top-bannerArea">
    <ul>
      <li>
        <a href="リンク先アドレス">
          <img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/banner_big.png">
        </a>
      </li>
      <li>
        <a href="リンク先アドレス">
          <img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/banner_small.png">
        </a>
      </li>
      <li>
        <a href="リンク先アドレス">
          <img src="<$mt:BlogRelativeURL$>images/banner_small.png">
        </a>
      </li>
    </ul>
  </div>

画像が表示されました!
ファイルマネージャから画像を使用する場合は、このように設定します。
ogpイメージやfaviconも、同様にして表示させましょう。

これでMTタグを使ったインデックスぺージが完成しました。
この調子で、他ぺージもMT化を進めていきます。
テーマの作り方、つかめてきましたか?

ひとやすみ…

サンプルを見る